名古屋の動物病院 ペットに与えてはいけない食べ物とは

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

ペットに与えてはいけない食べ物とは

犬

犬や猫などのペットを飼っていると、ついついペットフード以外の食べ物を与えてしまう方もいるのではないでしょうか。しかし、食べ物によっては少量でも命を脅かす可能性もあるので注意が必要です。

では、犬と猫などのペットに与えてはいけない食べ物にはどのような物があるのでしょうか。

絶対に与えてはいけない食べ物

チョコレート

犬の命を脅かす可能性がある食べ物には、チョコレート・アボガド・ネギ類が挙げられます。まず、チョコレートのカカオに含まれているテオブロミンという成分は、犬や猫にとっては毒となり中枢神経が刺激されることで、下痢や嘔吐を引き起こし死に至ることもあります。カカオの含有量が多ければ多いほど、テオブロミンも多く含まれているので、絶対に与えないようにしましょう。

アボガドにも犬や猫に毒となるペルシンという成分が多く含まれており、テオブロミンと同じような症状を引き起こします。玉ネギや長ネギなどのネギ類には、アリルプロピルジスルファイドという成分が含まれており、これが赤血球を破壊し貧血を引き起こします。こちらも場合によっては死に至ることがあります。

なるべく与えてはいけない食べ物

絶対に与えてはいけない訳ではありませんが、ペットに悪影響を及ぼす食べ物といわれているのが、生の豚肉やスルメなどです。生の豚肉にはトキソプラズマという寄生虫が潜んでおり、下痢や目の病気を引き起こす可能性があります。また、スルメは、胃の中で膨張する恐れがあり胃腸トラブルになることがあるため、なるべく与えないようにしましょう。

与え過ぎてはいけない食べ物

青魚や牛乳などは少量なら与えても大丈夫ですが、与え過ぎると体の不調を引き起こす場合があります。ただ、青魚は与えすぎなければ健康維持に役立つ食材となり、牛乳はペットによっては平気というケースもあります。

ペットの病気や体の不調の原因は、食べ物だけではなく、他にも様々なことが考えられます。その原因を早く突き止めて解決する為にも、動物病院健康診断ワクチン接種を受けることをおすすめします。

名古屋市に動物病院を構えている当院では、CT検査やレントゲン、4Dエコーなどの機器を使い、病気の早期発見に努めております。また、狂犬病やネコエイズなどの伝染病予防ワクチンも受けられます。少しでもペットと一緒に長く元気に過ごす為には、ワクチン接種を受けることも大切です。名古屋市で動物病院をお探しの方は、是非当院へお越しください。