名古屋の動物病院 眼科

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

眼科について

当院の眼科診療では、眼の病気に苦しむ犬・猫の診療を中心に行っております。犬・猫の眼病を専門に研鑽を積んだ獣医師が診断機器を駆使し、また日本を代表する眼科専門病院であるあいち動物眼科センターとも連携をとって最新の医療情報を従来の知識と技術を取り入れながら眼病の診療を行っております。

このような症状の時には来院してください

犬や猫の眼の病気には、角膜潰瘍、緑内障をはじめ、早急に治療の必要な病気が多数あります。そして、その症状に最初に気が付くのは、飼い主様自身であることがほとんどです。「ちょっと様子を見てみよう」で失明してしまったなんてことも多くみられます。もし犬・猫に以下の症状が認められたら、すぐに当院にご来院ください。

  • 白目が充血している。
  • 目ヤニの量が増えた。
  • 眼が白くなってきた。
  • 眼がしょぼしょぼしてきた。
  • 目が開かない。
  • 物にぶつかるようになった。
  • 眼がいつもより出ている気がする。

主な眼の構造

  1. 角膜:透明で血管が存在しない
    外側から角膜上皮、ボウマン膜、角膜実質、デスメ膜、角膜内皮からなる五層の膜からなり光を屈折させるレンズの働きをします
  2. 結膜:強膜の表面をおおう眼球結膜とまぶたの裏側をおおう眼瞼結膜とに分かれます。眼球とまぶたを連結し、粘液を分泌して眼球の表面を保湿します。
  3. 眼房:眼の前方の腔所で虹彩によって前眼房と後眼房に分かれ、眼房水によって満たされており周辺の組織に酵素や栄養を与えます。
  4. 瞳孔:虹彩によって作られる穴で、網膜に届く光の量を調節し明るい場所では小さくなり、暗い場所では大きくなります。
  5. 水晶体:焦点を調節し像を網膜に結ばせる働きをします。
  6. 虹彩:中心に瞳孔があり、瞳孔の大きさを調節します。
  7. 毛様態:水晶体や角膜へ栄養を供給する眼房水を作っています。また水晶体の厚さ調節も行います。
  8. レンズ:眼球の形と弾性を維持し、水晶体で屈折された光線を網膜まで送ることが主な働きです。
  9. 脈力膜:強膜の内側にある膜で、眼球に栄養を与えています。また瞳孔以外から光が眼内に入らないようにしています。
  10. 網膜:脈絡膜の内側にあり明暗や色を感じとり、物を見るために最も重要な部分です。
  11. 強膜:眼球のもっとも外側にある丈夫な膜で、白目といわれる部分です。
  12. 視神経:脳神経の1つで、視覚を司ります。

眼科の代表的な検査

  • 視覚検査
  • 眼圧測定
  • 細菌、ウィルス、真菌の培養検査
  • 眼底鏡検査
  • 涙液試験
  • 生体染色検査

代表的な眼疾患

①白内障

水晶体内のたんぱく質が加齢や遺伝により変性する事で、強い混濁が生じる眼疾患です。進行は様々ですが、一度濁ってしまった水晶体は元に戻る事はありません。視界が妨げられるだけでなく、他の病気を併発していることも多くみられます。早期発見することにより、進行のスピードを抑えられることもあります。また、外科手術により症状が改善することもあります。

②緑内障

眼圧の上昇を特徴とする眼疾患です。激しい痛みに加え、視覚にとって重要な組織である視神経に永久的なダメージを与えます。眼圧の上昇が長期間続くと視力を失ってしまいます。少しでも眼に異変を感じたらすぐに当院へご来院ください。早期発見することにより眼圧を下げ、視力を守ることができます。

③角膜潰瘍

表面の角膜上皮が欠失し、様々な程度の角膜の実質の欠損が認められる状態です。角膜潰瘍はその原因および状態で以下の3つに分類する事ができます。

単純性角膜潰瘍:外傷によって、角膜上皮が急速に失われた状態
複合性角膜潰瘍:外傷、感染に起因して角膜上皮と実質が急性あるいは慢性
無痛性・難治性角膜潰瘍:角膜基底膜と実質に対して角膜上皮が接着できず、その結果として、表層の角膜潰瘍が起因さかれた状態です。

これらはそれぞれ治療方法が異なるため正確な診断を行い、正しい治療を行う必要があります。角膜潰瘍を放置してしまうと、目の状態が悪化し、角膜の実質に穴が開いてしまう角膜穿孔、感染などの合併症がおき視覚障害や視覚喪失を起こす場合があります。

④網膜剥離

網膜剥離とは眼球内にある網膜という膜がはがれて視力が低下する病気です。原 発性の遺伝的なものから、二次的に、網膜色素上皮から神経網膜が分離する。網膜の剥がれは痛みを伴わないため気付きにくく、分離した程度によって視覚障害の程度が異なります。網膜の中心部の黄班まで剥がれた場合、急激に視力の低下が起こり失明にいたる恐れがあります。

⑤流涙症(涙ヤケ)

一般的には涙やけと言われています。さまざまな原因から涙湖で涙が保持できず、目じりから涙液が漏れ出し、周囲の被毛を濡らすとともに、被毛を茶色に着色させます。美容的な問題だけでなく、局所的な皮膚の炎症や角膜上皮への酸素供給や栄養の補給不足による角膜上皮障害を引き起こす事が知られています。

原因及び治療方法についてですが、流涙症は、大きく2つの要因が考えられます。

  1. 涙液排出経路の異常
    通常、眼の表面の過剰な涙液は瞬きする際、淚点から涙小官内に引き込まれる。涙小官内の涙液は涙管を通って鼻腔内に排泄されます。この排出経路の何処かに異常をきたすことにより流涙症の症状が表れます。そのため、治療としては、涙管の閉塞の解除を行います。
  2. 涙液産生量の増加
    角膜への刺激によって涙液の分泌量が増加する。主な角膜の刺激としては逆さまつげや、眼の周りの毛が目に当たっているなどの場合があります。そのため、治療としては逆さまつげ抜きや目の周りの毛の脱毛などがあります。

⑥チェリーアイ

瞬膜腺をつなぎとめている結合組織が、先天的に脆弱であるため瞬膜腺が内転し、角膜と瞬膜の間から逸脱し露出する。長時間露出する事で、結膜炎を引き起こし瞬膜腺は充血し腫脹します。その炎症を起こして腫れた瞬膜腺がさくらんぼのように見えることからチェリーアイといわれています。また瞬膜腺は涙液産生を担うため涙液の減少がみられる場合も有り、それによって乾性角結膜炎を併発する事があります。発生は1~2歳までに発症する事がほとんどです。治療としては外科的な整復が推奨されています。