名古屋の動物病院 再生医療

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

ペットの再生医療

『ペットの再生医療』とは、お薬でもなく、手術でもなく、患者自身(自家)あるいは他の健康な子(他家)の身体の細胞を用いる治療法です。患者自身の自己治癒能力を引き出す新しい治療法で、難治性の脊髄疾患(術後の後遺症なども含め)や抗癌剤を使用しないがん治療など、従来治せなかった病気が治るようになってきていると世界中で注目され、研究されている治療法です(近年では、iPS細胞でも注目を集めました)。当院では、「再生医療」自身の治療がメインではありませんが、治療法の一つとして飼い主さまにご提案しております。ご質問などありましたらお気軽にお電話にてご相談ください。

ペットの再生医療

幹細胞療法を用いた再生医療

動物の体には、さまざまな器官や臓器などに変化する(「分化する」といいます)細胞が存在します。この細胞は幹細胞(かんさいぼう)と呼ばれ、幹細胞療法とは、この細胞を体外で培養し、イヌやネコの体に戻してあげることで、失われた臓器や怪我の再生を行う治療法です。 幹細胞療法では、2種類の幹細胞を利用します。ひとつは骨髄に含まれる骨髄液中に存在する骨髄幹(こつずいかん)細胞、もうひとつは皮下脂肪の中に含まれる脂肪幹(しぼうかん)細胞です。骨髄や皮下脂肪由来の幹細胞は、骨や、軟骨、筋肉や心筋細胞、そして血管を形作る細胞に分化することが知られています。 幹細胞療法は、これらの分化する能力を利用することで、自分の細胞から必要な器官や臓器を「再生」させる治療法なのです。

がん免疫療法(新しいがん治療)

動物には病気や怪我に対して自分で治そうとする免疫力(白血球のリンパ球)という自然治癒力が備わっており、体内にできたがん細胞や体の中に侵入した細菌やウイルスを攻撃して死滅させます。免疫細胞療法は、このような生まれつき備わっている免疫の力を利用したり、免疫の力を強めたりすることで、がんの発症や進行を抑える治療方法です。

がんの治療には、外科手術・化学療法・放射線療法の三大療法がこれまで主流を占めてきました。これに継ぐ第4の療法として、またがん治療特有の苦痛を伴わない普通の生活を送れるようなQOL(Quality of Life)の改善を高める治療法として、がん免疫療法は、世界中で研究され、臨床的な効果が得られる治療法になりました。


  • Q1. 幹細胞って?
  • 動物の体にある細胞は、もとになる細胞からいろいろな器官や臓器を形成する細胞に変化します。この変化を「分化」するといい、このもとになる細胞が幹細胞です。もともと骨髄や脂肪組織に含まれる幹細胞は、筋肉、心筋、血管、骨、軟骨に分化することが知られています。いわゆるiPS細胞やES細胞のような万能細胞とは異なり、分化する細胞が限られているのが特徴です。
  • Q2. 幹細胞療法ってなに?
  • 病気のイヌやネコから脂肪組織や骨髄液を少しだけとり、そこから増殖させた幹細胞を用いて、ダメージを受けた患者の細胞や組織を修復したり再生したりする治療法を指します。その際用いる幹細胞は、血液中に投与される場合もありますし、患部に直接移植される場合もあります。
  • Q3. どのような病気に効果があるの?
  • 幹細胞は、骨折癒合不全脊髄損傷、また炎症性の関節炎で治療の研究が進められています。骨折癒合不全では、幹細胞が骨の周囲にある骨膜(こつまく)や、骨細胞、また栄養を運ぶ血管に分化することで骨折部位を修復していくと考えられています。また、脊髄損傷では、幹細胞が血管へと分化し、損傷部位の血流を回復することで、神経細胞の伸長を補助したり、脊髄全体の再形成を促すと考えられています。関節炎では、幹細胞は関節に新たな軟骨や骨膜を形成させ、痛みを和らげたり、炎症を回復させると考えられています。
  • Q4. どうやって脂肪や骨髄をとるの?
  • 脂肪をとるときは局所麻酔(全身麻酔の場合もあります)を行い、パチンコ玉程度の大きさをとります。骨髄液をとるときは、全身麻酔を行い、少量の骨髄液を採取します。
  • Q5. がんは治りますか?
  • 免疫療法では、進行がんや末期がんは完全に治すのは難しいと言われています。一方がんの進行を止めたり、再発防止する効果、QOL(生活の質)を改善する効果は大いに期待できます。がんは再発が最もおそらしいことですので、手術後にがんの再発を防止することは効果的な治療であると考えられます。
  • Q6. がん免疫療法の副作用はありますか?
  • 副作用は軽い発熱がたまにみられる程度です。自己のリンパ球ですので、重篤な副作用の報告はありません。
  • Q7. がん免疫療法の投与頻度はどのくらい?
  • 投与の間隔、回数は、病状を見て相談して決めます。標準的な治療では、2週間に一回投与を4~6回、その後は月に一回投与を4~6回行います。その後、検診にて、治療の終了、中断、継続を検討します。
  • Q8. 他の治療との併用はできますか?
  • 可能です。抗がん剤や、放射線治療、あるいは漢方療法等との併用は、お互いの治療タイミングを考慮して頂ければ、むしろ高い効果が期待できる可能性があります。他院にてがん免疫療法が不可能な場合でも当院にまずはお問い合わせ下さい。
  • Q9.入院は必要ですか?
  • 点滴は30分程度で終わります。動物の状態によりますが、念のため半日程度預からせて頂くと安心です。
  • Q10. 費用はどのくらい掛かりますか?
  • 幹細胞療法は動物の状態や病気の種類によって、がん免疫療法は投与回数、免疫細胞療法の種類により異なりますので、まずは当院までお問い合わせ下さい。