名古屋の動物病院 二次診療科

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

セカンドオピ二オン(二次診療科)
あなたの主治医に聞けなかったこと、ききたかったことはありますか?

セカンドオピニオンとは、直訳すれば第二の意見ということです。つまり、主治医以外の獣医師に意見を聞くことです。獣医療は日進月歩で新しい治療法が次々に生まれています。その全てを一人の獣医師が把握しているとは限りません。また、その獣医師によって考え方も違いますし、病院によっては提供できる医療内容に限界がある場合もあります。

今かかっている病気やその治療法について、飼主様が十分に納得できるものなのか?現在提供されている治療法以外に良い方法はないのか?など、飼主様がどの様な治療を愛犬、愛猫などに受けさせたいか?

それを別の獣医師の意見を聞いて、判断するための飼主様の一つの手段です。

セカンドオピニオンの問題点

セカンドオピニオンは、適切に受けることにより、これまでとは違った診断や治療を受けることができる可能性が高まり、主治医と同じ意見が得られれば、飼主様も安心して主治医に治療を任せることができる様になります。

しかし、その一方で、セカンドオピニオンを受けることで、主治医の先生が機嫌を悪くするのではないか?など関係性の悪化を懸念しセカンドオピニオンを言い出せない方も多いのではないでしょうか?

現在では、しっかりとした理念を持っている病院や獣医師であればあるほどセカンドオピニオンを飼主様に積極的に勧め、飼主様のご希望には快く応じるのが当たり前であることを理解しているものと信じたいものです。

また、現在の主治医と相性が合わない、病院の設備のもっと整ったところへ移りたい、という希望がある場合も多いと思います。この場合は、セカンドオピニオンではなく転院、転医となりますので、その旨を獣医師にお伝えください。

当院のセカンドオピニオンについて

獣医業界においては、セカンドオピニオンということを、快く思っていない獣医師の方が多いと思います。飼主が他の病院の意見を聞くことが、他の病院に患者をとられるという考えがまだまだ根強いように思います。

日々日常的に多くの飼主様が、他の病院で治療を受けながらも、 何らかの理由で当院を受診されます。

当院では、現在の治療に少しでも疑問をお持ちの方。何か他に良い方法がないかお考えの方などお気軽にお問い合わせください。

飼主様だけでのご来院、ご相談も快く応じます。
現在かかりつけの動物病院への秘密は厳守します。

当院は、平日の昼間に予約制で診療をおこなっていますので、 そちらでもセカンドオピニオンをお受けいたします。